ランキングからお金を借りる

急にお金が必要になる事は意外と珍しい事ではありません、例えば冠婚葬祭をはじめとし病気や事故など予期せぬ所から出費というのは嵩んで行くものです。そしてそんな時ほど貯金がなかったり頼れる人がいなかったりするものです。そんな時は街の金融機関からお金を借りるのはいかがでしょうか?


お金を借りるのにお薦めの金融機関

ただどんなに良心的な条件の商品でも使い方(借り方)を誤れば自身の首を絞める諸刃の剣になり得ますし、不適切な条件で貸付を行う金融機関も残念ながら0ではありません。そこで当サイトは気軽にお金を借りる事ができる安全かつ親切な商品をランキング形式にしてみました。

1位 プロミス
プロミス ・30日間無利息だからはじめて借りる人でも安心!
区分 消費者金融
金利 4.5%~17.8%
限度額 500万円
審査速度 最短即日
申込条件 ・年齢20~69歳
・安定した収入がある
詳細ページへ 公式サイトへ
2位 アコム
アコム ・カードローン付きクレジットカードの発行も可能!
区分 消費者金融
金利 4.7%~18.0%
限度額 500万円
審査速度 最短即日
申込条件 ・年齢20~69歳
・安定した収入がある
詳細ページへ 公式サイトへ
3位 三菱東京UFJ銀行
三菱東京UFJ銀行 ・銀行ならではの低い最高金利と銀行らしからぬ早い審査速度が魅力!
区分 銀行
金利 4.6%~14.6%
限度額 500万円
審査速度 最短即日
申込条件 ・年齢20~65歳
・安定した収入がある
詳細ページへ 公式サイトへ
4位 モビット
モビット ・完成度の高いWeb完結申し込みで申し込みがとにかく楽!
区分 消費者金融
金利 4.8%~18.0%
限度額 500万円
審査速度 最短即日
申込条件 ・年齢20~65歳
・安定した収入がある
詳細ページへ 公式サイトへ
5位 アイフル
アイフル ・借入可能か1秒で結果表示される「1秒診断」が便利!
区分 消費者金融
金利 4.5%~18.0%
限度額 500万円
審査速度 最短即日
申込条件 ・年齢20~69歳
・安定した収入がある
詳細ページへ 公式サイトへ

いずれもすぐ借りられてすぐ返せて後腐れも何も無い、そんなはじめてお金を借りる方にも便利で勝手の良い商品となっています。


人気ランキングから企業を選ぶ意義

上記のランキングは金利や限度額、審査結果が判明するまでの時間など様々な比較項目を基準に設定されていますが何といっても最も評価基準として重点を置いているのは「人気」です。何故なら多くの人から評価されている商品というのはそれだけ多くの人が安心かつ安全に利用できたという根拠になるからです。また人気のある商品はどちらかというと何かに特価した穿った性能の商品より、どのような項目においても満遍なく評価の良い商品が多く利用者を選ばない傾向にあります。

ランキングをチェック

その為特に金融機関や商品スペックに拘りが無く「お金を借りる」という目的さえ果たせれば良い、というのであれば上記のランキングから選ぶのがお薦めとなっています。

お金を借りるという事は

前述の通りお金を借りなければどうにもならない!といった状況は予期出来ないからこそ起こるケースが大半です。そんな時頼りになってくれるのが町の銀行や消費者金融、信販会社といったお金を借りる事が出来る金融機関です。ただ金融機関からお金を借りる場合流石に友達や親からお金を借りるのとは訳が違ってきますし、その分留意すべき点というのも必然的に多くなってきます。


留意すべき事

まず大前提として借りたお金は必ず返さなくては行けません。金融機関から借りたお金を返済しなかったり、返済期日を守らなかったりした場合基本的には「遅延損害金」等と呼ばれる高めの利息を払わなくてはならなくなります。またそれでも滞納を続けた場合あなたの信用情報が損なわれ以降長らくクレジットカードやローンの利用ができなくなります。

またこういった金融機関からお金を借りる場合基本的には「利息」が発生するもので、実際に借りた額より少し多く返さなくてはいけなくなります。尤もきちんと期日を守って返済すれば基本的には特にリスクはありませんし、無利息期間サービスを行なっている商品なら期間内に完済する事で借りた額と同額の返済で済む場合もあります。 利息増える

お金を借りる方法

まずお金を借りる為には各金融機関が設けている審査に通る必要があります。審査ではあなたが申し込みの際にフォームに記入した年収や信用情報、現在の借入先数や借入総額などからあなたが総合的に見てお金を貸す信用に足る人物かが審査されます。審査にかかる時間は金融機関によって異なりますが最近では早い所で申し込んだその日のうちに審査結果が出る所も増えてきています。ただこの審査、審査である以上誰でも受かるわけではないので注意が必要です。

例えば申し込みの書類に誤字や脱字、虚偽の内容といった不備がある場合当然審査には通りませんし、また過去に金銭関係の延滞や滞納があり信用機関にその記録が残っている場合審査通過は難しくなります。
また審査では申し込み用紙に記入した職場にあなたが本当に勤めているか、また本当にお金を借りる意思があるのかを確認する為の連絡「在籍確認」を行ないます。もしその連絡に繰り返し出る事が出来なかった場合や、連絡先を誤って記入していた場合も審査には通りません。
申込

なお申し込みの方法には直接店舗に行く方法や書類を郵送する方法、店舗に電話をかける方法などがありますが、お薦めはインターネットによる申し込みです。インターネット申し込みはどの申し込み手段よりも審査結果の表示や融資までにかかる時間が短い傾向にある他、24時間365日どこからでも申し込める為です。また本人確認書類と借り入れる金額によっては収入証明が必要になる為用意しておくと良いでしょう。